~へっぽこの気の向くままに~

MMO「Xenepic Online」で活動中の朱嬰の成長?や日々の記録、失敗、現実生活のだめっぷりを綴っていきます!更新は気の向くまま=不定期となっています。 コメントをいただけると嬉しいです。広告や適切でないと判断した投稿については消させていただきます。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四日目 in 京都~家

2007-11-23-Fri-15:03
もう書く気が段々と失せているのがありありと見て取れるしゅー(*`・ω・)ゝデシ!!!

ゼネブログすらどこへやら・・・

本人ですら自分のブログ画面開いたのが久しぶりと言う(ノ∀`)アチャポー


やっぱり気の向くままがちょうど良いのでしょうかね・・・。

この旅行記を完結したら、また毎日更新とかいう圧迫感?!

のためか、完結していないのかもしれませんね? 四日目(最終日)

京都の鴨川沿いに宿を取りまして、運よくお部屋も川の見えるところでした。

今回こそ画像・・・載せようと思ったらデータがどこかへ・・・。


朝食はバイキングで、荷物整理してから高台寺に行くつもりでタクシーに乗り込みました。

運転手さんに告げると、なんとなくオススメできないような雰囲気で、写真を取り出して見せてくれました。

「二日前の○○(どこか)がこれくらい色づいていましたよ」

と。この人、あまり色付いていなかったあの時でも、紅葉が楽しめる場所を写真で示してくれたのです。

で、単純なσ(・ω・o)たち一行は

「別に高台寺にどうしても行きたいわけじゃないし、お昼頃までに駅に行けばいいから、どこかお庭が綺麗な場所に連れて行ってください」

とお願いして連れて行ってもらったところが

蔓殊院の前にあるお茶屋さん
蔓殊院自体はあまりオススメではないとか?
紅葉だけ見るにはですけどねw

お茶屋さんの前の池と紅葉がすごく綺麗でした(*ノωノ)
画像ないんですけどね(´・ω・`)

蔓殊院の正面だけはどこかからとってきました・・・。
蔓殊院(正面)



その後はまだ時間がありまして、次に「圓光寺」。
圓光寺


ココの庭は綺麗でした!!

画像は他から持ってきましたけど(´・ω・`)
ここまでは色付いていなかったものの、全体的に色付いて綺麗でした(*´艸`*)

母達(年配組?!)はわが道を行くといいますか、昔話に花を咲かせ・・・運転手さんのせっかくの説明を聞いていないようだったのでσ(・ω・o)がお相手してましたw

運転手さん、京都検定2級の持ち主で詳しい(`・ω・´)

σ(・ω・o)が前日案内してもらった友達も京都検定を受けるために勉強中だとか・・・

色々な知識を聞いて、σ(・ω・o)も昔日本史をやっていたということでちょこちょことお話していました。


移動の最中でも色々な名所を回りながら(順番忘れましたが、平安神宮・祇園・八坂神社・永観堂・真如堂・建仁寺・南禅寺etc)を説明してくれました(*´艸`*)

σ(・ω・o)は前日に回ったところばかりだったので、復習になってよかったですw


最後に、「お庭がよくて、京都駅から近いところ」という条件の場所へ連れて行ってくれました。

渉成園です。

すごく広い場所で・・・。色々な見所があるのですが、広いせいか、

「お寺に比べて手入れが・・・」

という感想が出ていました((*´∀`))ヶラヶラ

でもすごく綺麗でしたよw

その後は予定通り京都駅へと向かいまして、運転手さんにお礼を述べ、食事して解散の運びとなりました。

この運転手さん、本当に良心的でして、駐車場に止めて拝観している間は料金メーターをストップしてくれていたんですw

まぁ、本人が宣伝用(紅葉の度合いとか)の写真撮るためにお客さんと一緒に散策するっていうこともあったようですがw
ガイド兼運転手ということで、本当に助かりましたw

HPも作っていらっしゃるようで、名刺をいただいて見にも行きましたが・・・


名刺紛失(ノ∀`)アチャポー

発見したら載せますw


お昼すぎに出発したってコトで、小田原には4時過ぎに着きまして、お買い物などして帰宅しました。

以上。

お粗末さまでした・・・・。

スポンサーサイト

COMMENT



2007-11-24-Sat-15:14
>この旅行記を完結したら、また毎日更新とかいう圧迫感?!

自らハードルを上げるとは…w
(・∀・)フフフ…

2007-11-25-Sun-00:44
>芥さん
「やっぱり気の向くままがちょうど良い」
って、予防線張ってたりして・・・(。-∀-)ィヒ♪

コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。